グルコバイは、バイエル社が販売している糖(グルコース)の吸収を抑え、血糖値を下げる糖尿病治療薬です。
海外ではトレードブランド(Glucobay-Precos-Prandase)として販売されています。

グルコバイは、糖質の消化吸収を抑制することで、食後の血糖値の上昇を抑制します。
有効成分のアカルボースは血糖値の上昇を抑える効果がありダイエットにも有効です。

グルコバイはネット通販でも入手でき、低価格で手軽に購入可能です。

グルコバイを購入できる通販サイト

 

 

 

 

 

 

グルコバイの解説(通販ダイレクト)

■ブドウ糖で防ぐことができる症状

糖尿病による血糖値の急上昇
食べ過ぎると糖尿病が悪化する
糖質制限はできない
知らず知らずのうちに炭水化物の摂り過ぎ
肥満による体調不良

1日72円からの糖尿病治療や肥満改善に大人気です。

グルコースはバイエル社から販売されている糖尿病の治療薬です。
海外ではトレードブランド(Glucobay-Precos-Prandase)で販売されています。
炭水化物の消化吸収を抑制することで、食後の血糖値が上昇している状態を抑えることができます。

■グルコバイの有効成分

アカルボース50mg
アカルボース 100 mg

■グルコバイの効果

人間の体は、食事や消化・分解によって必要な栄養素を吸収しています。
その中でも炭水化物(ブドウ糖)は体を動かすエネルギーです。 車の例えで言えば、ガソリンの役割を担います。
炭水化物は砂糖のように甘いだけでなく、主食である「ご飯」や「パン」などの炭水化物が豊富に含まれています。
食事をすると、炭水化物を吸収するために消化・分解され、血中のブドウ糖の濃度が上がります。 これが「血糖値」です。

グルコースの有効成分:アカルボースは、炭水化物の消化に必要な酵素であるα-グルコシダーゼとα-アミラーゼを阻害することで、炭水化物の消化を抑制します。 炭水化物の消化が悪くなると、ブドウ糖(ブドウ糖)の吸収量が減り、血糖値を下げる効果があります。

■糖尿病って何?

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(ブドウ糖)が異常に高くなっている状態です。
通常、血糖値はインスリンなどのホルモンによって調節されていますが、その機能がうまく働かないのです。


インスリンというホルモンは、ランゲルハンス島と呼ばれる膵臓の組織のβ細胞によって作られます。 インスリンは血糖値を測定することで分泌され、インスリンは必要なブドウ糖を各臓器に運ぶことでエネルギーを消費し、血糖値が下がると減少します。
糖尿病は大きく分けて1型と2型に分類されます。

1型糖尿病は、血糖値を調節するインスリンというホルモンが何らかの影響で出なくなることで発症します。 インスリンには血糖値を下げる効果がありますが、インスリンが体内から消えてしまうことで血糖値が高くなってしまうのです。 1型は生活習慣とは関係がなく、原因は自己免疫疾患です。

2型糖尿病は血液中にインスリンがありますが、インスリン自体の量が減ってしまい、必要なエネルギーが筋肉や臓器に伝わらなくなってしまいます。
肥満や生活習慣が原因で発症することが多くなるのは、この2型糖尿病です。

■グルコバイの副作用

下痢、消化不良、おなら、腹部膨満感などの副作用があります。

■グルコバイの飲み方

1回100mgを1日3回、食前に服用します。
ただし、最初は50mgの服用を開始し、抵抗力が確認された時点で100mgに増量します。
年齢や症状に合わせて服用量を調整してください。

■使用上の注意

血糖降下作用を増強する薬剤
血糖降下作用を弱める薬
アルコールなど

■使ってはいけない人

妊婦の方
授乳中の方
他の治療を受けている方
重度の腎臓病の方
重度のケトーシス、糖尿病性無気力、重度の感染症等のある方。
上記の条件を満たす方はご利用いただけません。