アジー(Azee)は、ジスロマックのジェネリック薬で最も人気のある商品です。
マクロライド系抗生物質に分類され、クラミジアや淋病などの性感染症に有効な薬です。

アジーはネット通販でも入手でき、低価格で手軽に購入可能です。

アジー1000mgの通販サイト

 

 

 

 

 

 

アジーの解説(通販 グランパ)

主成分のアジスロマイシンはマクロライド系抗生物質に分類されます。

シプラ社が開発したジスロマックのジェネリック医薬品「アジフ」のシロップ版です。
主成分のアジスロマイシンは、性感染症であるクラミジアや淋病に効果があります。
クラミジアや淋病の症状である尿道炎は、膿や痛み、腫れ、発熱などを伴うことが多く、ピルタイプよりも吸収が早く、短時間で治るのが特徴です。

感染症などで体内の細菌を死滅させないと「The Resistant Bacteria」となり、細菌が強くなって症状が悪化し、従来の薬が効きにくくなってしまいます。そのため、感染症が治っても薬を飲み続けないと、強くなった細菌が体内に残ってしまいます。細菌が残ったままセックスをすると、パートナーも感染してしまいます。

主成分のアジスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質です。抗生物質は8種類に分類されます。
マクロライド系抗生物質は、細菌のタンパク質の合成を阻害し、細菌の増殖を抑制することを特徴としています。

■抗生物質の違いは?
抗生物質ですが、種類や効果、強さなどに違いがあります。
一般的に強いとされているものは、ネオキノロン系抗生物質です。
ネオキノロン系抗生物質は「殺菌剤」に分類され、特に大腸菌に強い効果を発揮します。

マクロライド系抗生物質は静菌性抗生物質に分類されるため、ネオキノロン系抗生物質よりも弱いと言われています。
また、どの菌に強い影響を与えるかの違いもありますので、感染症に特化したものにする必要があります。
マクロライド系抗生物質は、肺炎などの原因となるマイコプラズマや中耳炎の原因となるグラム陽性菌に強いと言われています。

■飲み方
1本を60mlの水で希釈し、よく混ぜてから服用してください。
水で薄めたり、60ml以上飲んでも効果が早くなることはありません。


■使用上の注意

以下の薬との併用には注意が必要です。 併用できるかどうかは必ず医師に確認し、指示に従うようにしましょう。

一部の胃腸薬(酸味料
抗血栓薬ワルファリン
メシル酸ナフィナビル
免疫抑制剤シクロスポリン
心臓刺激剤ジゴキシン

次のような症状がある方は、アティ(ジソマック)の服用に注意が必要です。

重度の肝疾患
心臓病
アレルギー
妊婦の方
授乳中の授乳

などは禁止されています。

めまいや意識障害が現れることがあるので、運転や高所への移動には十分注意すること。
症状や治療期間によって服用量が変わることがありますので、医師の指示に従って服用してください。
薬剤耐性菌の場合は、通常よりも治療期間が長くなることがありますので、完治するまで治療を続けるようにしましょう。