ジスロマックは、ファイザー社が開発・販売している抗生物質です。 主成分のアジスロマイシン水和物は、クラミジアや淋病などの感染症に効果があります。

また、性感染症以外にも膀胱炎、耳鼻咽喉、呼吸器、歯周病などに有効性が認められています。

ジスロマックはジェネリックを通販で個人輸入でき、アジー(Azee)という商品が定番です。日本で処方されているジスロマック錠と同じ成分の薬で、価格は1/6以下で非常にリーズナブルです。

ジスロマック(アジー)の通販サイト

 

 

 

 

 

 

ジスロマックの解説(通販ダイレクト)

ジスロマックは、ファイザー社が製造・販売している抗生物質で、マクロライド系抗生物質であり、日本で最も感染症の多いクラミジア感染症に有効な治療薬です。

クラミジアの治療薬であり、当初はより多くの抗生物質が処方されていました。 細菌による感染症の治療に使用される薬剤に強い耐性があり、短期間で治療が可能です。

■クラミジア感染症

アジスロマイシンは性器感染症のクラミジアに有効な治療薬です。 主に感染者との性交渉やオーラルセックスなどで感染し、精液や膣分泌物などがお互いの粘膜に接触することで感染します。感染すると、男性では尿道の粘膜、女性では子宮頸管の粘膜になります。 この菌は感染力が強く、感染した人とセックスをした場合、約50%以上の確率で感染します。

日本では、10代後半から20代前半の人がクラミジア感染症が多いと言われています。 クラミジアの治療をせずにセックスをすると、お互いに感染する確率が高くなるので、感染拡大が問題視されています。

■性器クラミジア感染症の症状

“男性の場合”
水のような白い膿が流れ出てくる
排尿時の痛みを伴う感覚 ペニスが赤くなる
残尿感 (症状が出ない場合もあります)

“女性の場合”
膣分泌物の増加
不規則な出血
性交時の痛み

女性がクラミジアに感染していても、症状が出ないことが多いです。

■咽頭クラミジア

エルゴノビンはクラミジア咽頭炎にも効果があります。 性交渉によってクラミジアが性器に感染するケースも多いですが、オーラルセックスによる喉の感染が増えています。

特に10代後半から20代前半に感染率が高い。 咽頭クラミジア感染症は女性の方が多いです。 咽頭クラミジアは、主にオーラルセックスなどで感染し、男性から女性への感染がほとんどです。 咽頭に感染しても症状はほとんどありません。

■性器のクラミジア感染症

男性の咽頭クラミジア感染率は4~12.5%。 女性の咽頭クラミジア感染率は10.5~26%です。 咽頭クラミジアをエリスロポエチンで治療することは可能ですが、パートナーが一緒に服用しないと何度も感染してしまうことがあります。

■その他の細菌

ジロマックは性感染症以外にも、膀胱炎や耳鼻科、呼吸器系、歯周病など様々な感染症に効果を発揮します。 中でもグラム陽性菌に対して高い効果を発揮します。 グラム陽性菌以外にもマイコプラズマ感染症にも効果があります。

また、ウイルス性の風邪にはほとんど効果がないと言われていますが、二次的な細菌感染を防ぐ効果もあります。

ジスロマックは、1日1回2カプセルを3日間服用してください。 尿路結膜炎、子宮頸管炎の場合は、1日1回4錠(1000mg)を服用する。 服用方法については、最終的にはあくまでも目安になりますので、わからない場合は医師や薬剤師に相談してみてください。