アジー(Azee)は、クラミジアや淋病などの性感染症をはじめ、歯周病や膀胱炎、喉の炎症など、さまざまな治療に使われる抗生物質「ジスロマック」のジェネリック版です。 短期間の治療が可能で、効果の持続時間が長いのが特徴です。

ジスロマックよりコスパが良く、ダイエット目的でジェネリックを購入する人も多いです。

ジスロマックジェネリックのアジーは、ネット通販で手軽に購入できます。

ジスロマックジェネリック(アジー)の通販サイト

 

 

 

 

 

 

ジスロマックの解説(クスリロイヤル 通販)

ジスロマックは、性感染症のクラミジアと淋病は同時に治療することができます。 また、症状が改善しても、治るまでは菌が潜伏したままです。 薬剤耐性菌であれば、通常の細菌治療よりも時間がかかります。

▼下記ケースの予防にも使えます。

  • 症状は消えるが、雑菌が潜んでいる。
  • パートナーへの性病の感染
  • STDが発覚し、パートナーと別れた。
  • 歯周病で口臭が悪化する。
  • 喉の炎症で40度近い熱を出した。
  • 性病専門と産婦人科の違いが身近な顔でわかる

中途半端な治療は代わりに悪化させる可能性があるので、必ず治るまで治療するようにしましょう。 また、当院ではSTD予防やプレ薬の処方は行っておりません。 事前に準備しておくことで、本格的になる前に治療がしやすくなります。

人気商品なので、売り切れの可能性もありますので、お早めに購入されることをお勧めします。

ジスロマックは、スマート社が開発したジスロマックのジェネリック版です。 ジスロマックの新しい薬は、歯科医院や耳鼻咽喉科などでも処方されている薬です。 クラミジアや淋病の場合は、ジスロマックの無糖ジェネリックが効果的です。

腫れや膿、痛み、発熱などの症状に効果があり、長期的にも短期的にも効果があるのが特徴です。 1週間ほどで治りますが、菌が残っていると抵抗力がついて戻ってきます。 再発した場合は菌が持続して症状が悪化しますので、治ったとしても念のため1週間ほど服用してください。

また、性感染症以外にも膀胱炎、呼吸器、耳鼻科、歯周病などにも使われる医療用医薬品です。

ジヒドロキシピロリン酸ナトリウムは、性感染症の治療に使われる薬で、淋病や梅毒などの性感染症の治療に使われる薬です。 従来の抗生物質と比較して、1日の服用量が多く、治療中の服用回数が少ないのが特徴です。

■ジスロマックの特徴と効果

ジスロマックの主成分であるアジスロマイシン(抗生物質)は、性感染症の治療薬で、体内に入ってきた細菌がタンパク質を合成・繁殖するのを防ぎ、さらに殺菌することで感染症の症状を緩和・改善します。

淋病や梅毒、クラミジアの他にも幅広い細菌に対して殺菌効果があるので、呼吸器感染症や皮膚炎、耳の感染症などの様々な炎症性疾患や感染症にも非常に有効な薬です。 日本ではクラミジア感染症の患者さんが多いため、クリニックなどで処方される頻度が高いほど需要が高い性病治療薬として知られています。

薬を飲み慣れていない方でも安心できる成分で、薬剤自体にアレルギー反応が出ることはまれです。 胃酸と混ざっていても、成分が破壊されにくいので、胃酸と混ざっていても、成分が破壊されにくい。 効果の即効性に優れている。 効果が長いという大きなメリットがある。

アレルギーの少ない医療用医薬品ですが、個人差により副作用として吐き気、腹痛、下痢などの報告があります。

■効能・効果と系統

性感染症 クラミジア 淋病 また、避妊具を使わずに性行為をしている人は、性感染症の心配もあります。 男性の症状としては 尿道炎 尿道の痛みやかゆみを治療したい方 また、女性の白内障の増加や異常出血を治療したい方にも効果的です。

皮膚の深部感染症
リンパ管炎
リンパ節炎
咽頭炎
喉頭炎
扁桃腺炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍)
急性気管支炎
肺炎
肺膿瘍
感染症に伴う慢性呼吸器病変
尿道炎
頸椎炎
骨盤内炎症性疾患
蓄膿症
歯周炎
腓骨炎
顎の炎症
クラミジア属
淋菌
マイコプラズマ属
アジスロマイシンに感受性のあるブドウ球菌種
ストレプトコッカス属
肺炎球菌
モラクス
ブランハメラ
カダラリス
インフルエンザ菌
レジオネラ属
ヌメフェラ
芽球菌
ストレプトコッカス属 

■症状別のジスロマックの飲み方

次の症状に合わせて水またはぬるま湯で服用してください。 成人が以下の用量のアジスロマイシンを使用した場合、効果は7日間持続します。 症状や耐性菌にもよりますが、7日程度では完治しませんので、2回目のセットを繰り返し服用することで、14日程度の効果が持続します。

治療する症状によって、治療期間や投与量が変わってくるので、必ず確認しましょう。 完治するまで治療を続けないと、働きにくい薬剤耐性菌が発生する可能性があるので、完治するまで治療を続けるようにしてください。

250mg、500mg、1000mgの3種類の中から適切な量をお選びください。 ピルカッターなどで調整することもできます。