フルオロメトロン点眼液(有効成分:フルメトロン)は、アルケン社が開発・販売している優れた抗炎症作用を持つ目薬です。 様々な炎症によるむくみやかゆみ、赤み、痛みを和らげる効果があります。 主成分のフルミロンには、目の炎症を抑える働きがあります。

結膜炎、角膜炎、炎症性眼疾患、ぶどう膜炎、術後の炎症など、幅広く使用されています。また、花粉症のアレルギー性結膜炎にも効果があります。 フルオロメトロン点眼薬は、抗炎症作用の良い目薬です。 炎症による腫れや赤みを抑え、かゆみや痛みなどを和らげる効果が期待できます。

フルオロメトロンはネット通販でも入手でき、低価格で手軽に購入可能です。

フルオロメトロンの通販サイト

 

 

 

 

 

 

フルオロメトロンの解説(通販エージェント)

フルオロメトロンは、結膜炎、角膜炎、ぶどう膜炎、術後の炎症性眼疾患に広く用いられ、花粉症アレルギー性結膜炎にも効果があります。 症状の改善が見られない場合や、視覚障害の可能性がある場合に使用します。 その中で不足してはいけないのがフロミロンの目薬です。

アロパシー薬なので、原因を完全に治すことはできません。

■有効成分フルオロメトロンの作用機序

懸濁液なので、目の表面に長時間留まることができます。 抗炎症薬としては効果が弱い。 フルメトロンは目に移行することはほとんどなく、眼圧が上がるなどの副作用はまれと言われています。 炎症を起こすと目の感染症にかかりやすいと言われています。

炎症が起こると白血球などが集まりますので、細菌が血液を介して全身に到達しないようにコントロールします。 炎症は体に必要なものです。 しかし、炎症がひどくなりすぎると、体に悪い影響を与えてしまいます。 感染を防ぐためには必要ですが、適切な炎症が働きます。

目の場合は、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上皮炎などになることがあります。 炎症が長く続くと目にダメージを与える可能性があります。 そのような場合は、薬で炎症を和らげることができます。

そのため、効果的な治療薬はフロミロン点眼薬です。 有効成分のフロミロンには、炎症を引き起こす物質を抑制する効果があります。 この作用により、炎症を抑えることができます。 ご使用の際はよく振って、通常1回に1~2滴、1日2~4回程度を目安に使用してください。

■花粉症対策

花粉症で目がかゆいときに処方されるのがフロミロン目薬です。 目のかゆみや痛みを和らげ、炎症による腫れや赤みを抑える効果があります。 花粉症のアレルギー性結膜炎などにも効果があるので、よく処方される治療薬です。

また、コンタクトレンズを使用していると、目薬での薬の効果が出にくくなります。 コンタクトレンズを使用しながら目薬を使用していると、目に負担が増えてしまいます。 そのため、コンタクトレンズを使用していない時は目薬を飲むことをおすすめします。

目薬をした後にコンタクトレンズを使用する場合は、10分以上空けてください。