ミノキシジルタブレット「ノキシジル」の有効成分は、先発薬のロニテン「ミノキシジル」と同じです。
ロニテンと同じ成分ですが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)なので、価格が安く、コストパフォーマンスに優れています。

錠剤タイプのミノキシジルタブレットは、頭皮に直接塗るタイプとは違い、内服するだけで育毛効果を実感できる優れものです。

ミノキシジルタブレットはAGAクリニックで処方してもらえますが値段が高すぎるのが難点。
個人輸入でしたら、1日あたり20~30円ほどの激安価格で継続可能です。

ミノキシジルの個人輸入通販【公式】

 

 

 

 

 

 

ミノキシジルの解説(通販ショッパー)

ノキシジル(ノキシジル)の有効成分は、経口発毛剤のロニチンと同じ「ミノキシジル」です。
ロニチンと同じ成分ですが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)なので、非常に安価でコストパフォーマンスに優れています。
元々は育毛を目的とした薬ではなく、高血圧に効果のある薬でしたが、育毛効果が強いという副作用があったため、成分を研究した結果、育毛剤として認められました。

頭皮に直接塗るタイプとは違い、内服していれば育毛効果も実感できると言われています。
実際に臨床試験も行われており、1年以内に9割以上の人が効果を実感しているというデータもあります。

主成分であるミノキシジルは、男性型脱毛症(AGA)に非常に効果的です。
アプリケータータイプの育毛剤を使用している方や、髪の毛のベタつきなどが気になる方におすすめです。

主成分ミノキシジル

AGAに効果的なミノキシジルは、血管拡張を促進する効果がある薬です。
もともとはアメリカのアップル社が育毛促進成分として開発したものです。

ミノキシジルは長い歴史を持ち、1980年代初頭に「失われたもの」として誕生し、現在でも発毛促進剤としてはトップシェアを誇っています。
1999年に日本で正式に認可され、多くの人に愛されています。

効果の解説

血管を拡張して血流を増やし、毛髪細胞を活性化させることで発毛を促進します。
この効果は動脈のみで起こることが知られており、静脈への影響はほとんどありません。

頭皮の末端組織などに見られる毛細血管でより強く発生すると言われており、毛細血管が拡張することで血流が増加し、毛母細胞に届く血液の量が増加します。
ミノキシジルを摂取することで、毛母細胞に栄養を浸透させる効果があり、発毛を促進してくれるのです。

初期脱毛について

また、育毛効果が強く、使用開始から半月~1ヶ月程度で初期脱毛や一時的な増毛の症状が出てきます。
初期脱毛については、服用を開始してから毛母細胞が急激に活性化されることによって引き起こされる初期段階の症状であり、副作用ではなく育毛の前駆体であると言えます。

古い髪の毛を押し出すように新しい髪の毛が生えてくるので、一時的に髪の毛が抜け始めることもあります。
抜け毛が多い場合は、一度専門のクリニックに行ってチェックを受けましょう。