ミノキシジルタブレットは、AGA治療に効果的な服用タイプの育毛剤です。
有効成分であるミノキシジルは、毛母細胞を活性化させることで毛髪を育成します。
また、血管を拡張させることで毛根や髪に栄養を届けます。

ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)は海外製品を個人輸入するのが一般的です。

下記サイトでは、ミノタブ10mg100錠セットが3,300円ほどで販売中。1錠あたり約30円の格安価格で購入できます。
送料無料なので商品代金以外は不要です。

ミノタブの公式通販パートナー

 

 

 

 

 

 

ミノタブの解説(通販ショート)

主成分が「ミノキシジル」なので、体内の血管を拡張し、摂取後の血流を促進してくれます。
この作用で血行を促進することで、より多くの栄養分が髪の毛に流れ込み、育毛・発毛効果が期待できます。
フィンペシアなどの抜け毛予防薬と併用することで、効果が高まります。

バイアグラなどで有名なファイザー社が製造・販売している「ロニタブ」のジェネリック医薬品です。
ロニタブジェネリックは、インドの大手製薬会社であるインタースファーマ社が製造・販売しています。
主成分は「ミノキシジル」なので、服用すると体内の血管を拡張し、血流を促進してくれます。 この作用によって血行が良くなり、より多くの栄養分が髪の毛に流れるようになるので、育毛や発毛が期待できます。

また、ミノキシジル発毛剤はほとんどが外用薬や泡オンタイプで、ロニトロールは錠剤タイプのミノキシジルピルです。 錠剤タイプのメリットは、外用薬に比べて頭皮がアレルギーを起こしたり、敏感肌の人が赤くなったりすることがないことと、成分が毛細血管を通って吸収されることで 効果的に吸収されることです。

錠剤タイプが外用薬に比べて価格が高い理由は、主成分の吸収率にあります。 ロニカータ」などの経口薬は、有効成分を直接体内に摂取することで素早く作用します。 また、頭皮に塗布するタイプと比較しても、最強の育毛剤と評価の高いものと比較して、より良い効果が期待できます。
今まで外用薬で結果が悪かった人もタブレットタイプの特徴で、多くの人がタブレットを試してみて、頭頂部やおでこの薄毛が改善されたという高い改善効果を得ています。

有効成分・効果・効能・効果

ロニテンの有効成分はミノキシジルです。
血管拡張剤として高血圧の治療薬として使用されていましたが、近年は育毛・発毛剤としての人気が高まっています。
その理由は、ミノキシジルを服用している人の10人中8人が体毛が著しく増加しているということで、男性型脱毛症の治療薬として使用されるようになったからです。

また、アンドロゲンに効果のあるフィナステリドやミノキシジルは、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインでは、AGA治療の有力薬として「A級推奨」と記載されています。
ミノキシジルの育毛メカニズムは、毛根を刺激して血行を促進し、頭皮への栄養分の流れをスムーズにすることで、発毛、発毛、または休止している毛包を初期の成長期に移行させる効果があるとされています。

AGA治療の基本

現在、男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてFDAに承認されているのは、フィナステリドとミノキシジルのみです。
日本では、ミノキシジルの育毛剤として知られているのがリユースです。
男性型脱毛症(AGA)は発毛・育毛に効果があります。
リアップとは異なり、「ロニテン」は経口タイプのAGA治療薬です。

皮膚から塗布して吸収するリアップとは異なり、ロニカータは有効成分を直接体内に吸収するため、有効成分が効率よく働き、末梢血管に到達して毛細血管が拡張すると、育毛を促進する毛乳頭に栄養分や酸素を十分に届け、毛母細胞を活性化させて発毛を促します。
また、ロニータ、特に頭頂部には強い育毛効果があることが確認されています。