ミノキシジルタブレット(ノキシジル)は、ファイザー製薬から「ロニテン」として販売されているジェネリック医薬品です。
成分も同じで効果も同じなので、安心して安心して使うことができます。

ミノキシジルには血管拡張作用があるので、頭皮に栄養分を届けることができます。
フィンペシアなどの抜け毛予防薬と併用することで効果アップが期待できます。

ミノキシジルタブレットはAGA治療の専門クリニックで処方してもらえる他、個人輸入でも入手できます。
個人輸入ならクリニックの1/5以下の1錠30円ほどで購入可能です。

ミノタブの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

ミノタブの解説(ジェネクリ)

ロニテン(ミノキシジルタブレット)には一時的な血管拡張作用があるため、頭皮に必要な栄養素の血流を良くすることで育毛効果が期待できるAGA治療薬です。
ノキシジルは、ロニテンと同じ成分・同じ効果を持つジェネリック医薬品なので、安心・安全に使用することができます。

フィンペシアなどの抜け毛予防薬と併用することで、血管が拡張されて効果が届きやすくなり、育毛効果やアナゲン効果がアップします。
アプリケータータイプだと頭皮への広がりが悪く、効果が半減してしまう可能性もありますが、AGA症状の悪化には一般的にはこの経口タイプの育毛剤が効果的とされています。
早期治療はAGAの改善に効果的です。


服用するミノキシジルの種類と塗り方の種類

AGAの治療薬には、ローガンやリアップなどの頭皮に局所的に塗布するミノキシジルだけでなく、育毛効果を期待して服用するミノキシジルも含まれています。
ロニチンの育毛効果は、ミノキシジル外用剤を塗布した場合と同じで、血管拡張作用により血流改善を促すことで毛乳頭を活性化させる効果があります。
頭皮から吸収される外用ミノキシジルと比較して、服用したミノキシジルはより効果的に頭皮に届くことができます。

ミノキシジルを頭皮に塗布した時の効果】です。
ミノキシジルは血管を拡張して発毛を促進してくれるので、効果が出るのが早く、通常1~3ヶ月程度で効果を実感することができます。
また、半年以上使用しても効果がはっきりしない場合は、ミノキシジルが体質に合わない可能性があります。

タブレットの効果効能

頭皮に塗布するミノキシジルに比べて、ロニジンのように服用するミノキシジルは発毛効果が高いです。 塗布タイプの場合、十分に染み込まず荒れてしまう可能性がありますが、服用タイプは体内に吸収されることで効率よく頭皮に広がります。

ミノキシジルとフィナステリドの併用

ミノキシジルの効果的な使い方としては、経口タイプの育毛剤フィナステリド(プロペシア)が効果的です。
組み合わせて使用することで、一般的には最も期待されています。
AGA治療などを専門に行っているクリニックでは、ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)も併用して処方しています。

服用を始めてから、実際に髪の毛が増えたと実感できなくても期間(6ヶ月以上)は継続してください。
早いものでは3ヶ月後に結果が出始め、遅いものでは9ヶ月後に結果が出始めたというデータがあります。

また、ある程度の効果が出たからといって服用をやめてしまうと、薄毛の進行を早めてしまうこともあるので、すぐに効果が出る必要はないなど、簡単なことではありませんが、長い目で見ればAGA治療を継続することが必要です。