ミノキシジルタブレットの主成分である「ミノキシジル」は、血管を拡張することで血圧を下げ、髪や頭皮に栄養分を届け、薄毛や抜け毛に効果を発揮する薬です。

ミノキシジルタブレットはAGAの早期治療で特に効果を発揮します。

ミノキシジルタブレットは個人輸入することができ、下記の通販サイトなら100錠が2,300円~で購入できます(送料無料)。

ミノキシジルタブレットの通販サイト

 

 

 

 

 

 

ミノキシジルタブレットの解説(通販ラウンジ)

ミノキシジルタブレットは、一時的に血管を拡張させる効果があり、頭皮に必要な栄養素の血行を良くすることで、発毛や高血圧を改善する治療薬です。
フィンペシアなどの抜け毛予防薬と併用することで、血管が拡張されて有効成分が届きやすくなるので、育毛効果がアップします。

AGAの症状の悪化には、体から改善する内服タイプの育毛剤が効果的だと考えられます。

効果

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された成分でした。
開発される前から円形脱毛症や抜け毛の治療を目的として開発された成分ではありませんでした。

高血圧治療薬の開発中に、育毛に効果があることが判明し、現在では育毛成分として認知されています。
その特徴は、血管を拡張し、血行を促進し、髪に十分な栄養を与え、休眠状態の髪を目覚めさせ、育毛効果を発揮することです。

日本皮膚科学会でも最高レベルを推奨

2010年4月に日本皮膚科学会のAGA(男性型脱毛症)治療ガイドラインが発表され、ミノキシジルがおすすめの効果成分として挙げられています。
ガイドラインは、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が共同で作成したもので、様々な論文や治療法を審査した結果、信頼性が高いと考えられます。

効果の調べ方

1.抜け毛検査
育毛効果を実感できなくても、これまでに抜けた毛の本数が減ったのであれば、十分な効果が期待できるはずです。

2.髪の毛の弾力やハリをチェックする
抜け毛の量に変化を感じなくても、ハリや弾力が出てくるということは、少しずつ効果が出てきている証拠です。
断続的に条件の通過を観察してください。

3.産毛チェック
今までなかった頭皮に産毛が生えてくると、育毛効果が現れます。
断続的に服用することをお勧めします。

効果が現れるまでの時間

個人差はありますが、効果がなかったとしても、最低でも3ヶ月から半年は継続することをおすすめします。
髪の毛の成長には基本的に3つのサイクルがあります。

再現期間
ヘアサイクルでは、アナゲン期から休止期に移行するのに約2~3週間かかります。
脱毛の準備に向けて、毛の成長が止まる時期がやってきます。
毛根の中の毛球が後退し始め、髪の毛を包むために存在する毛包が縮小するため、髪の毛の成長が止まります。

無効化期間
毛髪と毛乳頭が完全に分離し、毛母細胞の分裂が止まり、安静期に抜け毛が始まります。
休止期に入ると、毛乳頭がボール状になり、皮膚の中で休息します。
1本の毛のお休み期間は、ほとんどの部位で3~5ヶ月程度です。
後退期や休止期は、頭皮の浅い部分に毛根があるため、髪を梳いたりシャンプーをしたりすると抜け毛として抜け落ちてしまいます。

成長期
周期の真ん中は、髪の毛が生えてくる時期です。
この時期の髪の毛は、毛根の奥にある毛球で作られています。
毛球の内部では、毛母細胞が毛細血管から栄養分を吸収し、連続的な分裂によって生成された髪の毛をトップアップさせています。
これは髪の毛が生えてくる構造です。

上記のサイクルで説明したように、半年程度の毛周期で最低間隔を空けないと結果を実感しづらいです。
結果が出ない人は、間奏の間に使うのをやめたり、数日おきにテンポや断続性を下げたりすることが多いです。
毎日の間隔を空ければ、ミノキシジルタブレットが効果を発揮します。