フォリックスFR16は、塗布型育毛剤の中で最も濃度の高いミノキシジル16%が配合されています。
生え際の後退などの症状に効果があり、AGA治療では【最強のミノキシジル】として注目されています。

飲むタイプのミノキシジルタブレットは副作用が大きいので、フォリックスFR16に切り替える人が増えてきています。

下記サイトでは、送料無料の格安価格でフォリックスFR16を通販できます。

フォリックスFRの公式通販パートナー

 

 

 

 

 

 

フォリックスfrの解説(通販エース)

フォリックスFR16は、発毛・育毛成分ミノキシジルを16%配合しています。
塗布型発毛剤の中でも最も成分が凝縮されており、同じ商品の中でも最も効果が期待できるクリームタイプのAGA治療薬です。

フォリックスFR16の有効成分

ミノキシジル高濃度16
育毛・発毛成分(※日本では濃度は5%まで


フィナステリド
毛が抜けるトリートメント成分、プロペシアの成分

アデノシン
血行を促進して育毛因子を生み出す成分

銅トリペプチド-1
ヘアサイクルのアナゲン期を延ばし、頭皮に弾力を持たせる成分

プリキャピタル
AGAの原因はDHTを阻害して頭皮の血流を増やす

以上がAGA治療に効果的な主な成分で、他にも様々な有効成分と一緒にご紹介しました。

フォリックスFR16とポラリスNR -10の違いは?

従来、高濃度ミノキシジル剤は、ポラリスNR-10などのポラリスシリーズが主力でした。
今ではポラリスシリーズが主力となっています。

ポラリスNR-10

ポラリスNR-10は、ミノキシジルを16%配合したアプリケータータイプの育毛剤です。
メーカーの関係で2017年9月頃に生産・販売が終了しており、購入することができません。

ミノキシジル16%配合
クリームタイプのAGA治療薬
フィナステリドなどの育毛成分配合

生え際やM頭皮にも効果があるのでとても人気がありました。

後継品のFR16

ポラリスNR-10の後継品として、フォリックスFR-10には、AGA治療クリームで人気を独占しているポラリスNR16の有効成分が配合されています。
どちらもミノキシジル16%なので効果に大きな差はありませんが、フォリックスFR16には血行促進効果があり、ミノキシジルと同じように発毛促進効果のあるポラリスという新成分も配合されています。

また、どちらもアレルギーを起こしやすく、頭皮のかぶれやかゆみの原因となる[エタノール]や[プロピレングリコール]という成分を使用していないので、ポラリスNR-10を使用している人は、フォリックスFR 16に乗り換えても頭皮トラブルは起きません。
ローションタイプはエタノールなどのアレルギー反応を起こす可能性のある成分を使用している必要があるので、頭皮がかゆいなどの異常な症状が出ている人にはフォリックスのクリームタイプがおすすめです。

レビュー

半年前から使い始めました。 ザガーロ、ミノットル5M、この外用薬を使いながらリジンを服用しています。 正直どれが一番効くのかわからないけど、確かに効く。 今のところ産毛はとても小さく、肉色の部分が濃くなってきています。

トータルサード。 半年ほど前から始めました。
今まで産毛がなかった部分の産毛がまばらに見えるのは効果があるのでしょうか? と思います。 それは私の感覚なのか、錯覚なのか。 そうかもしれません。 フェーズなんです。
昼夜1回塗りなので、効果もゆっくりですよね。
年単位で我慢して粘るしかないんだろうな。

塗布して5ヶ月で頭頂部に産毛が生えてきました。
フィナステリドも内服しています。
引き続き経過観察をしていきたいと思います。

使用開始から約10ヶ月、リピート購入でした。 基本的に毎日愛用しています。
皆さんのレビューのように、付属のノズルは使用していません。 樹脂製の耳かきを使って、指ですくって塗ります。
効果的には胎児の毛が増えましたが、伸びにくい状態です。 これで太ってくれればいいんですけどね。

ミノキシジルは通常よりも多く含まれているので、効果を待つ価値はあります。
薄毛治療の強力なパートナーです。
騙されたと思って、試しに購入してみてください。
正直、成長していきます。

ローションタイプからこちらに切り替えましたが、塗りやすくて効果を感じました。 ローションタイプは白髪が可愛くて、これといって問題なし。

FR 15と比較して使用していますが、15の方が塗りやすくて個人的には好きですが、使用後に粉っぽさが残るのは16の方です。

ミノキシジル16%はスゴイと思います。 数ヶ月間継続して使用していましたが、結果がでてきました。 今後も利用していきたいと思います。