ロゲイン(Rogaine)は、世界で初めて認知されたAGA治療薬です。
大正製薬が日本で販売している「リアップ」と同じミノキシジル配合の育毛剤となっています。

ミノキシジルを主成分とするミノキシジルは、元々は高血圧治療のための血管拡張剤として作られていたのですが、後に発毛効果があることが判明し、抜け毛の治療薬として世間に広まりました。
主成分ミノキシジル5%が抜け毛を予防し、発毛・育毛をサポートしてくれます。

ロゲインは海外通販サイトから個人輸入でき、1本2,500円ほどで購入可能です。

ロゲインの公式パートナー通販

 

 

 

 

 

 

ロゲインの解説(通販ソーシング)

AGA治療薬のパイオニア「ロゲイン」のご紹介です。
ロゲインはマクニール社が開発した世界初のAGA治療薬です。
ミノキシジルを頭皮に直接塗布する育毛・発毛剤で、ミノキシジル初心者にも使いやすいです。

日本では、大正製薬が同じ成分ミノキシジルを配合した発毛・育毛剤「リアップ」の商品名でAGA治療薬を販売します。
また、男性にはロクケンとミノキシジルを5%配合した発毛剤、女性にはミノキシジルのみを2%以下配合した発毛剤を使用することができます。

ロゲインの効果

主成分であるミノキシジルは、最初からAGA治療薬として開発されたものではありません。 当初は高血圧治療のための血管拡張薬として開発されましたが、それ以上に発毛・育毛効果があることがわかり、AGA治療薬へと開発ラインが変更されました。
主成分のミノキシジルには血管拡張作用があり、ミノキシジルを頭皮に塗ることで頭皮の毛細血管を拡張させる効果があります。
頭皮の毛細血管が拡張すると、毛根や毛根周りの血行が良くなり、毛母細胞に栄養分が届きやすくなるので、十分な栄養を髪の毛に与えることができ、抜け毛予防や育毛・発毛効果が期待できます。

また、十分な栄養を与えることで、髪の毛の成長(サイクル)サイクルが長くなります。 入れ替えサイクルが長引くと、頭皮に残っている髪の毛の量が徐々に増えていき、見た目からもボリュームアップが見て取れるようになります。
これらの理由から、髪の毛は1ヶ月で1cm程度しか生えてこないので、個人差はありますが、最低でも3ヶ月~半年はフォールヘルスを使い続けないと、髪の毛・育毛効果は得られません。

使い続けている人の多くは、実際に結果を実感しています。
ゲインの有効成分であるミノキシジルは、日本の皮膚科では抜け毛治療に高い効果があるとされている成分です。

併用で効果アップが期待できる商品

主成分ミノキシジルと同時に使用することで、発毛・発毛・抜け毛の予防などのAGA治療効果を効果的に高めることができる育毛剤です。
プロペシアなどに含有されている主成分のフィナステリドは、5αリダクターゼⅡ型の作用をブロックすることで、テストステロンの作用による抜け毛を抑制することができるのです。

ロゲインの主成分であるミノキシジルとプロペシアの主成分であるフィナステリドは、お互いの効果に影響を与えることなく、異なる角度から同時にAGA治療を行い、同時に効果を生み出し、抜け毛を防ぎ、毛髪の成長サイクルを長くし、髪の毛に栄養分を与え、髪の毛を太く成長させることができるので、薄毛治療に非常に効果的な発毛剤と言えます。
フィナステリドが効かない重度のAGA治療にはデュタステリドが有効です。