アボダートは、進行したAGAの治療に有効な薬です。
薄毛の原因となるホルモンをブロックすることで、抜け毛を予防し、育毛や発毛を行うことができます。

アボダートの主成分であるデュタステリドは、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する酵素「5αリダクターゼ還元酵素」を阻害・抑制します。
5αリダクターゼ還元酵素にはI型とII型があり、フィナステリド(プロペシアなど)はI型にしか効果がありません。
プロペシアで効果がなかった方に特におすすめです。

アボダートはネット通販で手軽に入手でき、下記サイトでは1錠100円以下で販売しています。

アボダートの公式パートナー通販

 

 

 

 

 

 

アボダートの解説(通販ソーシング)

2015年9月、アボセントの主成分であるデュタステリドは、日本ではAGA治療薬として承認されました。
AGAの治療薬としては、フィナステリド・プロペシアに次ぐ内服薬です。

デュタステリドの主成分には、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する酵素である5αリダクターゼ還元酵素を阻害・抑制する効果があります。
5α還元酵素にはI型とII型があり、フィナステリド(プロペシアなど)はI型にしか効果がありません。
デュタステリドはI型、II型ともに有効です。

AGAの症状がひどくてプロペシアが効かないという人は、ぜひ試してみてください。
早い人は飲み始めてから約12週間で改善が見られますが、治療効果を確認するには通常6ヶ月かかります。
ミノキシジルタブレットと併用して、効果UPを促進しましょう
また、アボダートは副作用が少ないのが特徴です。

フィナステリドが効かない方へ

フィナステリドの有効成分は、I型5α還元酵素に作用する。
アボカドの有効成分デュタステリドは、I型とII型の5αリダクターゼ還元酵素の両方に作用します。

I型とII型の違い

I型5αリダクターゼは、後頭部や側頭部の毛乳頭細胞に効果を発揮します。
タイプII 5αリダクターゼは、額や頭皮の毛乳頭細胞の治療に効果があります。
つまり、フィナステリドは後頭部や側頭部には効果がありますが、額や頭頂部には効果がないということです。
アボカドには有効成分デュタステリドが配合されているため、I型5αリダクターゼとII型5αリダクターゼの両方を阻害する効果があります。
そのため、フィナステリドよりも強力な育毛効果が期待できる医薬品として人気があります。

プロペシアとアボダートを毛髪用に比較した研究では、プロペシアの約1.5倍の効果があると報告されています。
デュタステリドは、2009年に厚生労働省から前立腺肥大の治療薬として認可されました。
国内ではアボルブという名前で販売されています。

前立腺肥大の症状

残尿感… 残尿感があります。
頻尿… 頻尿である。
尿意が弱い・・・。 尿の勢いの弱さ
尿の流れを妨げる… 尿の流れの中断
夜間頻尿… 夜中に頻繁に起きてトイレに行く。
緊急の排尿… 持ちこたえられない

長時間の排尿が困難な状態では、膀胱の機能が低下しているために排尿できない残尿が増えています。