フィンペシア(Finpecia)は、インドのマハラシュトラ州ムンバイにあるシプラ社が製造・販売している、ファルペシアと同じ有効成分(フィナステリド)を持つAGA治療薬です。

シプラ社は1935年に設立され、現在では製剤の製造技術の多くを保有しています。 抗生物質、抗がん剤、HIV治療薬に特化した大手企業で、世界150カ国以上で2,000種類以上の治療薬を販売しています。
営業利益は1,700億円、従業員数2万人の大手製薬会社で、インドではトップ3に入ります。

フィンペシアの公式パートナーである下記通販サイトでは、100錠3,000円(1錠あたり30円)で購入可能です。

フィンペシアの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

フィンペシア ジェネクリ代行

フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られているジェネリック医薬品「プロペシア」の有効成分です。
アンドロゲンの過剰な働きを効果的に抑制する有効成分で、元々は前立腺肥大の治療薬として開発されたものですが、AGA治療に効果があるということで、メディアでも広く採用されるようになりました。

AGA(男性型脱毛)の原因の一つには、男性ホルモン、具体的にはDHT(ジヒドロテストステロン)が関係していると言われています。
フィナステリドに含まれる成分がDHTの生成を抑制し、男性型脱毛症を抑制します。
また、男性型脱毛症の治療薬としてFDA(米国食品医薬品局)に認可されており、世界60カ国以上で使用されている成分です。

フェンペシア(AGA治療薬)を飲むタイミング

フェンペシアを服用するタイミングが明確ではありません。 AGA治療で最も大切なことは、1日1回の服用で、自分の好きな時間に服用することが必要です。
これはどの治療薬でも同じですが、継続的なものに限ります。
その時に取るのを忘れてしまうような、プライベートで一番辛い時間を見つけてくださいね。

また、不規則な私生活なども改善され、規則正しい生活を続けることで効果の出る率が変わってきます。
ただし、長引くと数日は空っぽになるので、空っぽの部分は一緒に取らないようにしてください。

服用の経過と効果がでるまでの時間

これから利用しようとしている人にとっては、この部分が一番興味があると思います。
期間としては、例えば1日1回継続して服用した場合。

3ヶ月目の服用後
最初の頃に比べて、頭皮から抜けた毛が減ってきました。
また、生え際の産毛が増え始めた時期でもあります。 飲んですぐに効く治療薬はありません。 効果はゆっくりと現れます。

4〜6ヶ月
生え際の産毛はこの頃には生えてきていたと思います。
鏡などで確認して、自分でも気づくことができそうな気がしました。

服用開始から6ヶ月~1年
1年ほど経つと、明らかに抜け毛が減ったことが実感できます。
統計によると、3人に1人は髪の毛が伸びているのを実感できるそうです。

服用開始から1年~3年
飲み続けていると、2/3の人が実際に髪の毛のボリュームを実感しています。 基本的には飲み続けることで、髪の毛全体の弾力や優しさを感じることができます。

調査によると、個人差はありますが、3年以上服用すれば満足のいく結果が得られるとのことです。
服用を始めてから増毛の実感がなくても、一定期間続けることで結果は確実に変わってきます。

また、ある程度の効果が現れてから弾薬を実行した方が薄毛の進行が早くなることもありますので、即効性を求めないなど、簡単ではありませんが、長い目で見て継続することをおすすめします。