フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られるプロペシアのジェネリック版です。

フィンペシアは、インドの大手製薬会社であるシプラ社が開発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
プロペシアと同じ成分配合のフィナステリドのジェネリック医薬品で、効果や安全性に信頼性があります。

フィンペシアから無着色のキノリンイエローフリー版が新登場しました。
添加物のキノリンイエローが含まれていないなので、より安心してお使いいただけます。

フィンペシアの公式パートナーである下記サイトでは、1錠30円でご購入いただけます。

フィンペシアの公式パートナー通販

 

 

 

 

 

 

 

フィンペシアジェネクリ公式

フィンペシア(フィンペシア)はインド第2位の製薬会社であるシプラ社(Cipla Limited)が製造・販売しており、プロペシアと同じくフィナステリド(フィナステリド)を主成分とするAGA治療薬です。

フィンペシアから新しい着色料「キノリンイエローフリータイプ」が登場しました。 キノリンイエローが添加されていないので、より安心してお使いいただけます。 長く継続して使用するものだからこそ、安全性の高い治療薬を選びましょう。

プロペシアジェネリックのファペシア

ファペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、主成分フィナステリドが配合されているAGA治療薬です。
指なしスフィンゴシン(プロペシア)を服用することで、男性型脱毛症の進行を止めることができます。 AGAの主な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)の過剰生産です。

AGAの原因となるDHTは、テストステロンというアンドロゲンホルモンと5αリダクターゼという酵素を介して作用します。
DHTへの変換。このように、主成分フィナステリドには、5αリダクターゼの作用を阻害する効果があります。

そのため、DHTの生成を抑制することができ、AGAの発症をストップさせて症状を改善する効果があります。 また、FDA(米国食品医薬品局)から男性型脱毛症の治療薬として認可されており、世界60以上の国・地域で使用されている成分です。

効果がでるまでの期間と期待される結果

フィグリーフ(プロペシア)のキノリンイエローを使い始めてからは、すぐに効果が表れなくなります。
これは、髪の毛の成長サイクルが原因です。 通常、髪の毛は月に1cmほど生えてきます。 つまり、成長して3ヶ月後には3cm程度の長さになりますが、この長さになることで、ある程度肉眼で確認することができます。

毛髪細胞へのDHTの攻撃がなくなってくると、だんだん細くなってきた髪の毛がだんだん太くなってきます。
また、抜けやすい髪は、サイクルを長くして成長期を長くすることで、太く健康的な髪になります。
これは、使用開始から3ヶ月程度で結果が早くなるからです。 また、毛根には休眠期間があるため、使用後すぐに新しい毛が生えてくるわけではありません。

また、個人差がありますので、実際に結果を実感するためにも長くご利用ください。
また、フィナステリドは5α還元酵素1型の作用を阻害します。 ザガーロの主成分はデュタステリドで、5αリダクターゼ1型と2型の両方に作用するため、ノンビタミンC(プロペシア)キノロン/フリーを使用しても効果はなく、AGAの治療薬として非常におすすめです。

キノリンイエロー版が登場

フィンペシアは主に緑色と赤色のパッケージがありますが、お届けする国によっては、写真の緑色とは異なるパッケージでお届けする場合があります。
赤=キノリンイエローミックスと思っている人もいますが、実はキノリンイエロー(キノリンイエローフリー)が入っていない赤いパッケージがあります。

キノリンイエローが含まれているかどうかは、パッケージの裏面に記載されている着色料(色)で判断できます。
「キノリンイエロー」と表示されている場合は、黄色のキノリンが含まれていることがわかります。
「PC-cillinDioxide」と書いてあれば、黄色が含まれていない商品です。