プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、抜け毛を防ぎ、発毛・育毛に役立ちます。
血行を促進し、抜け毛を防ぎ、髪を太くして発毛を促す効果があり、早ければ3~6ヶ月程度で薄毛が改善します。

クリニックだと1ヶ月8,000円ほどするプロペシアですが、個人輸入だと格安価格で購入できます。
少しでも安く続けたい人はネット通販による個人輸入がおすすめです。

プロペシアの通販サイト

 

 

 

 

 

 

プロペシアの解説(通販ボックス)

プロペシアは、飲むタイプの育毛剤と言われることが多く、世界60カ国以上で認可され使用されています。 日本でも実績と信頼を積み重ね続け、全国で10万人の男性が男性型脱毛症の治療を受けています。

有効成分フィナステリドについて

フィナステリドは、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼ酵素に対して効果を発揮し、血中のジヒドロテストステロン濃度を低下させ、休止期や発毛・育毛・発毛を促進する有効成分です。

また、有効成分フィナステリドは、有効成分ミキノキシジンの外用液と併用することで、より良好な効果を得ることができる。
特に30歳から50歳までの方に適しています。

プロペシアの効果

フィナステリドは成長ホルモン(テストステロン)を阻害し、プレフィナステリドに含まれる長髪効果につながります。
また、国内の臨床結果によると、2~3年継続して使用した人の約8割が効果を実感しており、使用開始後6ヶ月以内に何らかの効果を実感しているとのことです。 と言われています。

しかし、軽度のAGAや中等度のAGAサイドの症状に効果を発揮するタイプの医薬品です。 そのため、円形脱毛症がひどく悪化した場合は、実際にはあまり効果が感じられないと考えられます。
AGA治療は発症する可能性があるため、早めに治療を開始することが効果的な場合があります。

プロペシアのメリットをご紹介

プロペシアを使ったAGA治療のデメリットは、短期間では効果を実感できないことです。
効果を実感できるのは早くても半年後なので、この状態では長期的な使用が必要になります。
また、長期服用を考えている方は、使用している方にとっては治療費が気になるのではないでしょうか?
MSDプロペシアはAGAの治療薬として一般的で、国内の医療機関などで医師から処方されますが、治療費も高額になります。
低コストでAGA治療をしたい人に人気の商品で、ブプレノルフィンと同じ有効成分であるフィナステリドを有効成分とした医薬品です。