フィナステリドを有効成分とする「プロペシア」は、男性型脱毛症(AGA)に有効なお薬です。
ヘアサイクルを改善することで、髪の毛を正常に成長させる働きがあります。

日本で処方してもらうと1ヶ月8,000円ほどしますが、海外から通販で個人輸入すると6,000円ほどで入手できます。

プロペシアの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

プロペシアの解説(ジェネクリ公式 通販)

国内のAGA治療薬でも効果を発揮しているのがプロペシアです。
3年間の国内臨床データでも約80%以上の薄毛を改善する傾向にあります。
もっと早く言えば、3ヶ月~半年くらいで結果が出る人もいます。

特徴について

フィナステリドに含まれる主成分フィナステリドは、経口発毛剤フィナステリドのジェネリック(後発医薬品)のAGA治療薬です。
昔、テレビなどで人気のある芸人さんが「髪が薄くなったら病院へ!」というスローガンをCMで使って宣伝していました。 スローガンが推進され、一般的な認知度が高くなった。

この主成分であるフィナステリドは、2010年に日本皮膚科学会で男性型脱毛症に対してA評価を受けた成分とされています。
また、日本皮膚科学会からこのA評価を受けているのがミノキシジルです。
この評価を受けているので、実際にその効果を実感した人も多く、AGA治療薬としても代表的な薬です。

フィナステリド(プロペシア)の効果

まず、このAGA(男性型脱毛症)は、主に生え際のM字後退や頭頂部の薄毛などの症状です。
男性型脱毛症は、精巣で生成されるテストステロン(アンドロゲン)と細胞内酸素/5α還元酵素Ⅱ型が結合してジヒドロテストステロン(DHT)を形成することで起こります。

ジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞内で作用すると、生え際がM字型に後退したり、頭頂部の髪が薄くなったりします。
このように、フィナステリドに含まれる主成分であるフィナステリドは、AGAの原因となる還元酵素5αリダクターゼⅡ型を阻害する作用があります。
還元酵素5αリダクターゼⅡ型の阻害によりテストステロン(アンドロゲン)との結合を阻害することで、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制し、抜け毛を予防します。

このように、主成分であるフィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因となる悪玉アンドロゲンの生成を抑制するので、抜け毛に効果を発揮します。

日本で行われた臨床試験の結果も、以下のように有望な数値を示しています。

フィナステリド0.2mgを1年間投与した臨床試験の結果
AGAを使用した男性患者の54%の改善-41%の変化なし-5%の増悪
フィナステリド1.0mgを1年間投与した臨床試験の結果
58%の改善-40%の変化なし-2%の男性患者でAGAを使用した場合の進行度

フィナステリド1mgの1年間の臨床試験の結果は、「AGAの男性において、58%の改善-40%の無変化-2%の増悪」でした(※基準として、「改善」は軽度の改善以上、「増悪」は軽度の悪化以上と定義しています)。
ミノキシジルタブレットと併用することで効果がアップするのでおすすめです。