日本では「リアップ」や「メディカルミノキ」、アメリカでは「ロゲイン」などの商品名で販売されているAGA治療薬がツゲインです。

ミノキシジルを主成分とする育毛剤で、元々は高血圧治療のための血管拡張剤として作られていたのですが、後に育毛効果があることが判明し、抜け毛の治療薬として世間に広まりました。

女性の抜け毛治療にはミノキシジル2%が効果的で、男性のAGA治療には高濃度の5%や10%のツゲインが効果的です。

ツゲインは個人輸入で最も人気のミノキシジル育毛剤で、リアップの1/3以下の価格で購入できます。

ツゲインの通販サイト

 

 

 

 

 

 

ツゲインの解説(クスリロイヤル 通販)

シプラ社が開発した育毛剤で、AGA治療薬のロゲインのジェネリック医薬品です。 2%のツゲインは女性でも使用できるAGA治療薬です。
日本では「リアップ」、アメリカでは「ロゲイン」という名前で販売されています。

また、ミノキシジル配合の育毛剤の塗布タイプやミノキシジルなども、フォールディングキンと同様に初心者の方にも対応しやすいと思います。リアップと同じ成分や効果を持っていても、価格を大幅に下げることができます。

ミノキシジルを主成分とするミノキシジルは、元々は高血圧の血管拡張剤として作られていたのですが、後に発毛効果があることが判明し、抜け毛の治療薬として世間に広まっていきました。

ツゲインの効果・特徴

ミノキシジルの効果は、毛母細胞を活性化させ、抜け毛を抑制し、発毛を促進します。
トゥゲインはAGA(男性型脱毛症)の治療に効果があるのは間違いありませんが、ミノキシジルを含む発毛剤には「頭頂部の発毛効果がある」ということを実感している人が多いのも特徴です。

効果が現れるまでは、いずれにしても個人差はあるでしょうが、2~3ヶ月とされているので、黄色い花面をコンスタントに使うことが大切です。
ミノキシジルが配合されている他の育毛剤とは大きな違いがあるので、ほとんどないと言ってもいいのではないでしょうか? キサントフィルは安心して使える育毛剤です。
ミノキシジルは頭皮の毛細血管を弛緩させ、毛根への血行を良くすることで、髪の毛に十分な栄養を与え、育毛効果を発揮させることができるのです。

プロペシア(フィナステリド)には、抜け毛を防ぐ5αリダクターゼⅡ型の働きを妨げる男性ホルモンの影響で育毛効果があります。
ツゲインとプロペシアはどちらも有効成分が異なることで育毛効果が得られるように作られているので、基本的には両方を使うのが理想的です。

また、(5%)や(10%)と呼ばれるものがありますが、それぞれアルコール濃度に違いがあり、5%のツゲインは一般的なアルコール刺激に弱く、10%はアルコールを介して冷感を付与する回数がほとんどないなどの違いがあります。

有効成分ミノキシジルは、日本の皮膚科で抜け毛治療に高い効果があるとされている成分です。

ツゲインの長所

キサントフィル10%にはミノキシジル10%とリアップ×5を2回分配合しています。 今ではリアップ×5の5%が日本で買えるミノキシジルの中では一番高い量になっていますが、ツグイン10%はリアップの約半額の価格で同じ成分のミノキシジルを2倍の量配合しています。

女性にも外用できるツゲイン(ミノキシジル2%)とパントガールの抜け毛予防と育毛トニックを併用することで、相乗効果で抜け毛が改善されると好評です。
効果的な抜け毛治療がしたい」抜け毛治療の費用管理がしたいが好評です。