Santa Farma社から販売されているザイザルのジェネリックの「クレスブロス」は、第二世代の抗ヒスタミン剤です。

花粉症、アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚炎などのアレルギーに対して、第一世代のジルテックと比較して、副作用である強烈な眠気を抑えつつ、同じ強い効果を維持することで、第一世代の抗ヒスタミン薬を改善したアレルギー治療薬です。

花粉症などのアレルギー性鼻炎には、即効性のあるザイザルで鼻汁や鼻づまりなどのアレルギー症状を緩和します。

ザイザルのジェネリックはネット通販でも入手でき、低価格で手軽に購入可能です。

ザイザルの格安ジェネリックの通販サイト

 

 

 

 

 

 

ザイザルの解説(通販くすりロイヤル)

ザイザルの主成分のレボセチリジン塩酸塩は、第2世代抗ヒスタミン薬として知られています。
第一世代の抗ヒスタミン薬に比べて、眠気の副作用を抑えるために改良されたアレルギー薬です。

アレルギー症状の原因となるヒスタミン受容体の即効性のあるレボセチリジン塩酸塩錠を阻害することで、鼻炎などの症状を緩和することができます。

効果が期待できる症状

花粉症
アレルギー性鼻炎
泌尿器科
皮膚炎
湿疹
痒みを伴う発疹
皮膚のかゆみ

市販薬とザイザルの効果を比較

アレルギー用に市販で購入できる市販薬のアレゲインとアレグラ、初代処方薬のジルテックと2代目ザイザルを比較してみましょう。

まず、アレルギー抑制の効果が違います。以下の順番で、アレルギーの抑制がより効果的です。

  1. ジルテック
  2. ザイザル
  3. アレジオン
  4. アレグラ

また、眠くなりにくい順にすると下記になます。

  1. アレグラ
  2. アレジオン
  3. ザイザル
  4. ジルテック

上記からもわかるように、アレルギー抑制の効果が強いほど、副作用の眠気の影響が強くなります。
また、市場で販売されている薬と処方薬の効果にも大きな差があることに変わりはありません。

抗ヒスタミン剤とはどんな薬?

アレルギー性鼻炎などの症状が出るのは、ヒスタミンと呼ばれる物質が体内のヒスタミン受容体に結合するとアレルギー反応を起こすためです。
ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合する前に、抗ヒスタミン薬の成分がヒスタミン受容体に結合してしまうのが、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬です。
そうすると、その後に来るヒスタミンがヒスタミン受容体と結合できなくなるので、アレルギー症状を抑える効果があります。

しかし、このヒスタミン効果も重要です。 ヒスタミン抑制の効果は脳内にある
ヒスタミンの活動を阻害するため、集中力が低下したり、眠気を催すことがあります。 風邪薬などに含まれているケースもあり、アレルギーの薬や鼻炎の痛み止めを飲んだ後の眠気や眠気の原因となっています。

そのため、アレルギーを抑える効果が強い一方で強い眠気などの副作用として現れるジテックを改良して作られた薬が、第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるイーストモンキーです。
ザイザルは、ジテックの効果を維持しながらも脳に届きにくい状態を改善するため、集中力の低下や眠気、のどの渇きなどの副作用の症状を緩和するアレルギー治療薬です。

そのため、日常生活に支障をきたすことがなく、長期間服用することができ、花粉症などのアレルギー性鼻炎の緩和だけでなく、喘息やじんましん、湿疹、アトピーなどの皮膚アレルギー疾患の予防にも効果があります。

食欲不振、集中力低下、軽度の眠気、倦怠感などの副作用が報告されています。

1日10mgまで、1日1回1錠(5mg)を就寝前に服用してください。