クラリチンは、アレルギーの症状を抑えるために開発された抗ヒスタミン剤です。
有効成分のロラタジンは、鼻水やくしゃみ、かゆみなどのアレルギー症状を抑えます。

花粉症などのアレルギー症状を引き起こす炎症にも効果があり、花粉症シーズンには必須のアイテムです。

クラリチンのジェネリックはネット通販でも入手でき、低価格で手軽に購入可能です。

クラリチンの通販サイト

 

 

 

 

 

クラリチンの解説(通販ボックス)

  • 花粉症などのアレルギー症状を抑える効果があります。
  • 抗ヒスタミン作用、抗ロイコトリエン作用を有する。
  • 第2世代抗ヒスタミン剤なので副作用が少ない。
  • 副作用として眠気を伴うことがあるが、第一世代の抗ヒスタミン剤に比べて起こりにくい。


クラリチンは2002年から販売されている治療薬です。
抗アレルギー薬と呼ばれています。
アレルギーによる症状を抑える効果があります。特に花粉症や肌のかゆみなどの症状の改善に効果的です。


「抗ヒスタミン剤」と呼ばれることもあり、主にヒスタミン受容体をブロックすることでアレルギー症状を緩和します。
クラリチンは、アレルギー症状を抑えるためのヒスタミンの作用を防ぐことで働きます。

ヒスタミンはアレルギー症状を引き起こす物質です。
そのため、このヒスタミンの作用を防ぐことで、アレルギー症状を改善することができます。
その役割を果たしているのが抗ヒスタミン剤です。

クラリチンは第二世代の抗ヒスタミン薬に属します。
抗ヒスタミン薬には第1世代の薬、第2世代の薬があります。 第一世代の抗ヒスタミン剤は非常に効果的ですが、眠気などの副作用が多くなっています。
第2世代の抗ヒスタミン剤も非常に効果的で、眠気などの副作用が出にくくなっています。

初代と二代目の違い

第一世代は脂質溶解度が高いので脳に移行しやすく、第二世代は脂質溶解度が低いので脳に移行しにくいと言われています。
また、2代目はヒスタミンにしか作用しないので、他の場所ではかなりの確率で副作用が出にくくなっています。
そのため、副作用が出にくい第二世代はほとんど処方されています。
クラリチンは第二世代の抗ヒスタミン剤で、アレルギー症状の改善のための治療薬として使用されています。
クラリチンの主な作用は、抗ヒスタミン作用によりアレルギー症状を抑えることです。
また、このようにロイコトリエンの分泌を抑制する効果もあるため、アレルギー症状の緩和にも効果的です。

抗ヒスタミン剤と眠気の関係

ほとんどの抗ヒスタミン薬は副作用として眠気を引き起こす傾向があります。
中でもクラリチンは眠気を抑える薬です。
眠気などを引き起こすので、服用する際は運転に注意するようにと書かれています。
しかし、クラリチンにはそのような記述はありません。

臨床試験では、プラセボ(偽薬)とクラリチンを服用しながら車を運転する試験では、運転能力に影響はありませんでした。
今回の臨床試験の結果は、抗ヒスタミン薬は眠気を起こしやすい治療薬ではないということでした。